農業生産法人 有限会社ネクト
●静岡の日本茶生産者集団「有限会社ネクト」が、日本茶の選び方、美味しい入れ方、 産地や製法の情報をお届けいたします。
店長のブログ
FAXで注文 お問い合わせ 農業生産法人 有限会社ネクト
ネクトの美味しいお茶ショッピング
日本茶について
中村
新間
大原
一色

新間路とは
旬の野菜のお知らせ
生産者の声
プライバシーポリシー
店長のブログ
会員登録・変更・削除
googlemap
 
 
 

新間川と藁科川が交わる地点に位置し、他と比べると比較的平地の多い地区です。太陽の光をたっぷり受けて育った茶葉は、葉肉が厚く、深く蒸してもしっかり形が残り、艶のある品の良い深蒸し茶に仕上がります。


・生産家氏名
野崎 賢一
(のざき けんいち)
・茶園所在地 新間字非生
・茶園の規模
・標高 250m
・傾斜角度 25〜30度
・土質 赤土 砂まじり
・茶の品種 やぶきた
・農薬散布回数 年間6〜7回
・肥料設計 ナタネ、魚粕等の有機物を基本とし硫安、尿素などを配合したNECTオリジナル肥料を使用
・一言
「茶の樹の勢いが良くなるように深刈、中刈は早めにやる。山でゆったり一服したくなるような、美味しいお茶を今年も作るよ!!」
・その他
朝など雲の中にいるかのように霧がすっぽりとあたりを包み込む


・生産家氏名
花村 行雄
(はなむら ゆきお)
・茶園所在地 静岡市新間
・茶園の規模 100a
・標高 100m
・傾斜角度 20〜30度
・土質
・茶の品種 やぶきた→90%  おくひかり→10%
・農薬散布回数 年6回
・肥料設計 ナタネ、魚粕等の有機物を基本とし硫安、尿素などを配合したNECTオリジナル肥料を使用
・お茶作りに対するこだわり
「潅水の設備を自分で作って、雨が少ない時は水をまきに行く。他の人には絶対に作れない、変わったお茶を作ってみたいね。」
・その他
茶園の下にわき水の沢が流れ朝靄がたくさん出る。朝は遅いが、夕日が遅くまで当たる

・生産家氏名
野崎 博
(のざき ひろし)
・茶園所在地 新間
・茶園の規模 150a
・標高 50〜150m
・傾斜角度 15〜33度
・土質 赤土混じり
・茶の品種 やぶきた
・農薬散布回数 年間6回
・肥料設計 ナタネ、魚粕等の有機物を基本とし硫安、尿素などを配合したNECTオリジナル肥料を使用。
・一言
「茶園のほとんどが、急な斜面にあるから作業は本当にきつい。でも、山には地力がある。だから、寒干害には強い!一芽一芽の強さは、誰にも負けないって!!!!」
 

 
 
日本茶について | お買い物 | 会社概要 | 産 地 | 製 法 | サイトマップ | プライバシーポリシー | Home